腰痛

体の背中側にある筋肉によって腰は守られている。

投稿日:

腰を痛めやすい格好は、前かがみになる姿勢です。

脚を伸ばしたまま、下にある荷物をとろうと上半身を前屈させていく時、
腰には負荷がかかってきます。
さらに、その荷物が重い時は・・
腰がやばそうですよね。

下にある荷物を取る時は一旦しゃがんでから、
脚の力で持ち上げるのが腰痛を予防する方法です。
まあ、皆さんそれは知っているのですが、ついつい、しゃがむのがめんどくさくて、
腰を曲げて荷物を取ってしまい腰が痛くなっちゃう、ってことが多いですね。

しゃがんだ方が望ましいですが、腰を曲げて下の荷物を取るというのも、
人の体の機能の一つですから、ダメってわけではないです。

ただきっちりとメンテナンスをして、腰を曲げて下の荷物を取っても、
腰になるべく負荷がかからないようにしておく方がいいと思います。

腰を曲げていく時は、背中側の筋肉がブレーキをかけながら前に倒れていきます。

体を前に倒そうとすると、脊柱起立筋が活動し始め、前屈の動きをコントロールします。
この時に、骨盤を固定しているのが臀筋やハムストリングスです。
さらにハムストリングスはふくらはぎや足裏などと連携して、上半身が前屈していく動きをサポートしています。
この一連の筋肉の活動は、プログラムのように中枢神経系に記憶されいて、
腰を曲げて下の荷物を取ろうとした時に、いつも滞りなく実行されるのですが。

長時間同じ姿勢で、背中側が凝り固まっていたり、
仕事が忙しくて休みが取れずに、疲労が蓄積していたりすると、
背中側の筋肉の機能が低下してきます。

そのような時に、下にある荷物を取ろうとすると、一連の筋肉の活動がうまくいかずに、
腰に負担がかかって、痛めてしまうことがあります。

ですから、背中側の脊柱起立筋やハムストリングス、ふくらはぎ、などのをメンテナンスしておき、
常にプログラム通りに動くようにしておくことが望ましいです。
これが腰を守るために必要なことだと思います。

たかなが整体院
〒360-0045 埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
TEL:048-598-7670
○たかなが整体院ホームページ

-腰痛

Copyright© 熊谷市「たかなが整体院」ブログ , 2017 All Rights Reserved.