膝痛

膝を保護して、脚の疲れを取り除く。

更新日:

長時間の立ち仕事は、脚が疲れます。

特に疲れるのが、脚の外側です。
大腿四頭筋の外側広筋や腓骨筋が疲労します。

sotogawakinniku

ここの疲れを放置していると、筋肉が硬くなり脚の支えが弱くなるので、
O脚になってきます。

O脚になると膝の内側に負担がかかるので、
膝に痛みが出てきます。

hizatu01

これを防ぐには、筋肉の緊張を取り除いてよく休むことです。
脚の外側は自分でマッサージすることが可能です。
筋肉が張っているところ、押して痛いところをよくマッサージしてください。

外側広筋のマッサージ

gaisokukoukin03

大腿四頭筋のストレッチ

stretch14

タオルを使って脚の外側と中臀筋をストレッチ

stretch08

そして普段立つ時には、骨に体重を乗せる意識を持つことです。
人には本来体重を乗せるラインがあります。
それは下肢機能軸(ミクリッツ線)です。

keikotu03

膝から下には脛骨という骨があり、体重を支えるために太くてしっかりしています。
この骨に体重を乗せるように立つと、楽に立てるのです。
脚がよく疲れるという人は、脛骨ではなく、
細い腓骨に体重がかかっています。
だから腓骨についている腓骨筋が硬くなってしまうのです。

脚が疲れるという人は、ぜひ脛骨を意識して立ってみてください。

たかなが整体院
〒360-0045 埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
TEL:048-598-7670
ホームページ:熊谷市の整体「たかなが整体院」

-膝痛

Copyright© 熊谷市「たかなが整体院」ブログ , 2019 All Rights Reserved.