感覚

感覚レベルを上げる。

更新日:

「筋肉がないからダメなんでしょうか」よくこう言われます。
大丈夫です、立って歩く事ができれば必要な筋肉は充分あります。
問題はその筋肉を動かす巧みさにあるといえます。

動けているつもりで動けていない、
これはよくある事です。
脳の認知と実際の体の動きがリンクしてなくてズレている状態。
そのズレがじわじわと、自分の体のウィークポイント(弱い部分、昔痛めた所とか)に蓄積し、
そこから壊れ始める。こうして、膝の痛みや腰痛、肩こり、頭痛などの症状が出てきます。

すでに必要な筋肉は持っているので、それをより上手く使えるようにすればいいのです。
そのために必要なことは感覚レベルを上げること、
感覚レベルをあげるには、普段から自分の体をよく観察し触れることです。

例えば足の親指をよく触ってみると、痛みがある部分があります、この痛みはたいていの人にあります。
そして右は痛いのに、左は痛くないなどの左右差もよくあります。
そして痛いところを触っていると、痛みが和らいできたりします。
(痛いのを我慢して無理してゴリゴリしていると、逆に痛くなるのであまりやりすぎないでください)
こうして自分の体のいたるところに意識を向けていくと、だんだんと体の感覚レベルが上がってきます。

感覚レベルが上がってきたら、体操やスポーツなどで体全体がつながって動いている感覚を養っていと、少しずつ無駄のない動きができるようになります。
そうなると脳の認知と実際の体の動きがリンクし、ズレがなくなってきます。
そして気がつくと、痛かった部分がなくなっていたりするものです。
「自分の体をモニターする能力」これを高める事が、感覚を高める事であり、良いコンディションを保つためには必要なことです。

たかなが整体院
〒360-0045 埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
TEL:048-598-7670
○たかなが整体院ホームページ

-感覚

Copyright© 熊谷市「たかなが整体院」ブログ , 2019 All Rights Reserved.