姿勢

体をひねりやすくして、歩くのを楽にする。

歩くときは体をひねります。(ひねらないナンバ歩きというのもありますが)
体をひねる動きは、主に腹筋群の外腹斜筋と内腹斜筋で行われます。

hukkin04
この筋肉がうまく働いていないと、ひねる動きがスムーズに行われないため。
歩くときにパワーロスし疲れやすくなります、また余計な負荷が腰にかかって腰痛になったりします。

外腹斜筋と内腹斜筋は骨盤の腸骨稜についています。

tyoukoturyou01

腰痛がある人や、下半身が疲れやすい人は、ここに痛みがあることが多いです。
この腸骨稜にそって痛いところ、硬いところを緩めていくと、
外腹斜筋と内腹斜筋の働きが改善し、体がひねりやすくなります。
これにより歩く動作がスムーズになってきます。

たかなが整体院
〒360-0045 埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
TEL:048-598-7670
○たかなが整体院ホームページ

-姿勢