坐骨神経痛

坐骨神経痛、下半身の疲れ。

更新日:

下半身が疲れていても、あまり自覚がない事が多い、
それは下半身の筋肉が大きくて強いからです。

上半身の筋肉で特に首や肩などの筋肉は、
下半身の筋肉に比べて、筋肉が小さくて弱い。
だから、疲れると肩こりなどが出やすい。

それに比べて下半身の筋肉は大きいくて強い、
だからある程度の疲れでも耐える事ができます。

それでも限界はあります、
長い間放置していた疲労は、筋肉の深層部にたまり、
筋肉が硬くなってしまいます。

そういった下半身の疲れが限界を超えてくると、
痛みが発生してくるのです。

坐骨神経痛と呼ばれている、下半身の痛みやしびれなどの症状も、
よく調べてみると、深層部の筋肉の疲れである事が多いのです。

特にふらはぎの深部や、ハムストリングス、中臀筋、梨状筋、などに疲れが溜まってくると、
坐骨神経痛のような症状を発生させます。

 

hamusuto01

tyuden01

rijyoukin01

下半身の疲労を取り除くと、痛みやしびれなどの症状は軽くなってきます。

たかなが整体院
〒360-0045 埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
TEL:048-598-7670
ホームページ:熊谷市の整体「たかなが整体院」

-坐骨神経痛

Copyright© 熊谷市「たかなが整体院」ブログ , 2019 All Rights Reserved.