足の痛み

足の裏は疲れのバロメーター。

更新日:

足の裏は常に地面と接していて、身体を支える土台ですから、
疲れがたまってくると、足の裏が硬くなってきます。

足の裏には、骨格と筋肉で作られたアーチがあり、
これがスプリングの役割をして、
歩くときに、無駄な力を使わないで済むようになります。

arch01

しかし、疲労が溜まってくると、
筋肉の動きがにぶくなり柔軟性が失われてくる、
足の裏のアーチも、スプリングの作用が少なくなって、
立って自分の体重を支えるのが大変になってくる、
そして下半身が疲れ、しだいに上半身も疲れてくる。

全身の疲れを取っていくうえで基本となるのは、
足の裏です。

特にアーチの機能を回復させるために、
足の親指のラインと小指のラインを、施術すると、
足が軽くなって、全身の疲れも抜けてきます。

たかなが整体院
〒360-0045 埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
TEL:048-598-7670
ホームページ:熊谷市の整体「たかなが整体院」

-足の痛み

Copyright© 熊谷市「たかなが整体院」ブログ , 2019 All Rights Reserved.