坐骨神経痛とは

骨盤まわりから、お尻、太ももの裏、膝から下、足の指、などに痛みや、しびれ、
異常感覚が出る症状を一般的に坐骨神経痛と言います。

原因として
・腰椎椎間板ヘルニア
・梨状筋症候群
・脊柱管狭窄症
・腰椎分離症・すべり症
・変形性股関節症
・腰椎圧迫骨折
・腫瘍
などがありますので、坐骨神経痛の症状が出ていたら、まずは病院に行って検査してください。

坐骨神経痛の原因として腰椎椎間板ヘルニアが一番多いとされていますが、
すべてのヘルニアが坐骨神経痛を引き起こすわけではなく、全く症状のないヘルニアもあります。

実際は、股関節につく筋肉の硬さであったり、仙腸関節からくるもの、慢性の腰痛からくるもの、身体の歪みからくるもの、筋・筋膜からくるものなど、様々なことが複合し、坐骨神経痛の症状が出ているケースが多いです。

身体の歪みによる坐骨神経痛

身体を動かすための筋肉は全身についており、筋肉は筋膜に包まれています。
我々の体はこの筋膜によって全身を覆われており、どこか一箇所でも筋膜が癒着したり短縮したりすると、全身に影響が出てきます。

図:ポジショナ・ルリリース・セラピー 科学新聞社より

例えば、足のつま先を持ち上げる筋肉に疲労がたまり、その部分の筋膜が短縮していると、それに引っ張られるように、スネ、太もも、お腹、胸、首の筋膜が引きつけられ体が少しだけ前かがみになったりする。
全身にはいたるところに、筋肉のコリがあり、それによって筋膜が引っ張られて、姿勢が変化してきます、その変化が定着してしまった状態が歪みです。
身体に歪みがあると、負荷がかかり続けるところがあり、そこに痛みが出やすくなります。
この歪みや痛みが複合的にからんでくると、しびれなどの症状が出てくると考えられます。

特に脚は体重を支えているので、筋肉も疲労しやすく、歪みによる痛みやしびれといった坐骨神経の症状が出やすい場所です。

たかなが整体院では、快感覚を感じる方向にゆっくりと動いてもらいながら、歪みの調整を行なっていきます。
歪みは本来あるべきところに戻ろうとするときに気持ちのいい感覚が出ます。
その感覚を感じながら、ゆっくり動くことで、あなたの中から身体を調整しようという力が出てきます。
あなたの身体を治すのは、あなたの自己治癒力です。
私が治すわけではありません。
歪みを整えることで、あなたが本来持っている自己治癒力を発揮できるようにしていくのが私の役目です。

筋肉からの痛み

■中臀筋・小臀筋

股関節につく中臀筋・小臀筋、この筋肉にトリガーポイントができると脚に関連痛が出ます。

中臀筋・小臀筋は疲れが溜まりやすく、腰痛の原因にもなる筋肉です。
この筋肉は股関節を支えているので、疲れてくると脚が「だる重い」などの感じが出てきます。

■梨状筋

坐骨神経は梨状筋の下を走行しており、この梨状筋に問題があると坐骨神経に沿って、痛みやしびれ、ピリピリ感などの異常感覚を感じる可能性があります。
梨状筋は長時間の座り姿勢や運動不足でトリガーポイントを発生させる事があります。

■ハムストリングス

ハムストリングスもまた椅子に座る姿勢が長いと、硬結ができて、トリガーポイントが出来やすい。
ハムストリングスからの痛みは太ももの裏や膝の裏に出やすいです。

ご予約・お問い合わせ

ホームページ予約特典、初回の料金、1日2名様に限り

初回7,000円→1,800円!!

「ホームページを見て・・」と、お問い合わせください。

TEL 048-598-7670

お問い合わせフォーム

たかなが整体院
住所:埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
営業時間:10:00〜20:00
定休日:月曜・第2・第4火曜