ひねる・ねじる・パワーを引き出す。

「ひねり出す」
なにか根底から力を出そうとするときに、こういった表現をしますね。

体の動きもそうです、ひねる、ねじる、こういう動きがあるおかげで、
体はパワーを引き出せるのです。

体を「螺旋」的な感じで使うと、力を文字通り「ひねり出す」ことになり、
楽に動けるようになります。

たとえば歩くときに、ひねる動作をすべて無くしてしまうと、とても歩けません。

歩くときには、それぞれの関節に、ひねる動きが入っています。
そのひねる力を足の指の関節から、足首、膝、股関節、骨盤と、
どんどん、伝えていく事でパワーが増幅し、楽に歩く事ができます。

二足歩行のロボットは、関節のひねる動作があまりなく、カクカクした動きをしています。
(最近はだいぶ変わってきているようですが)
人間の歩行と比べると、エレガントな感じはしないですね。
優雅に、なめらかに、ねじれる動きが入ってくると、人間らしくなってくるんだと思います。

でも、人間もずっと座りっぱなしで、体が固まってしまった時など、最初の動き出しが、
ロボットみたいにカクカクしてしまう事があります。

体の各関節の「ひねる」「ねじる」という動きはとても大事です。
このひねりの力をうまく引き出し、つなげていくことで、スマートでエレガントな歩き方になるはずです。

たかなが整体院
〒360-0045 埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
TEL:048-598-7670
○たかなが整体院ホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする