肩が上がらない、全体的な視点。

肩が上がらない人は、肩関節や肩甲骨などの上肢帯に不調があるため、動きが鈍くなっているのですが。
そのような人は、全体的な視点で見ていくと、肩だけでなく、実は骨盤の動きも鈍くなっている事がよくあります。

上肢帯の土台となる肩甲骨と、
下肢帯の土台となる骨盤は、
互いの動きに関係性があります。

骨盤は前後、左右、ひねりと三次元的な動きをするわけですが、
運動不足やデスクワークなどでずっと同じ姿勢をしていると、やはり動きが鈍くなってしまいます。

骨盤は上半身と下半身の中間にある要所ですから、ここが固まってしまうと、
下半身のみならず上半身の動きも制限されて来てしまいます。
それで肩が上がらないという症状も起こり得るのです。

この場合、骨盤の動きを解放し、「なんか骨盤がよく動くな〜」という状態になってくると、
肩も以前に比べて上がるようになってくるものです。

それから局所的に、肩甲骨の調整や、肩関節の調整を行うのが私のやり方です。

身体はすべてつながっていますから、肩が上がらない場合でも、肩だけでなく、
全体的な視点をもって動きを改善して行く事が望ましいですね。

たかなが整体院
〒360-0045 埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
TEL:048-598-7670
○たかなが整体院ホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする