ふくらはぎ、足裏の疲れから、バランスが乱れる理由。

ふくらはぎの疲れは誰でも一度は感じたことがあると思います。
ショッピングモールを歩き回った時や、旅行に行ってたくさん歩いた時、山登りに行った時、走った後など。

ふくらはぎの筋肉である腓腹筋は、アキレス腱となり、足うらの足底腱膜、短趾屈筋につながっています。
アナトミーラインでは、スーパーフィシャルバックライン(SBL)です。
スーパーフェイシャルバックライン

図:医学書院 アナトミー・トレイン 第3版 より引用

ふらはぎから、足うらにかけて、疲れてくると筋肉の緊張が高まります。
すると、かかとの骨である踵骨は、弓の弦で押される矢のように、前方に押し出されてきます。

踵骨に隣接している距骨やその他の骨や組織も前方に押し出され、足のアライメントが乱れてきます。

これにより足全体の緊張が高まり、疲労してくると筋肉の反応が鈍くなって力が入りにくくなってきます。

土台である足のバランスが乱れてくると、やはり全身に影響が出てきます、
腰痛や坐骨神経痛なども足が影響していることが多いです。

ふくらはぎからアキレス腱、足裏にかけての緊張を取り除き、足のアライメントを整えて行くことが、
疲れを取るには大事なポイントになります。

たかなが整体院
〒360-0045 埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
TEL:048-598-7670
○たかなが整体院ホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする