軸の強さ。

動きの中で軸がブレるとフラフラしてしまう。
最悪の場合は倒れてしまう。

歩いている時に、石につまずいてしまった時でも、
しっかりした体軸があれば転倒はしない。

体軸の強さは、体が不安定な時に発揮される、
例えば、アスレチック施設などにある丸太の上を歩く時など、

丸太の上を上手に歩けなくて地面に落ちてしまう人は、
フラフラした身体を立て直す力が弱いのだ。

バランスを崩す一番の原因は、頭の位置のズレを修正できない事です。
頭には三半規管があり、自分の身体が平行であるか常にチェックしています。
身体がフラフラして、頭が大幅に傾いてしまうと、
平行が保てなくなり転倒してしまうのです。

体軸が強い人は、傾いた頭を素早く修正できる人です。
それを可能にするのが腹筋群です。

頭が傾いた時に腹筋群が素早く反応し、
体幹を立て直す事で、頭を平行に保つ事ができます。

hukkin01

強い軸と聞いて、イメージするのは、一本のスジが通った太い樹の幹のような感じがしますが。
横から、ものすごい圧力が加わった時にはバキッと折れてしまいそうです。

それより私が考える強い軸は、どんな体勢になっても立て直す事ができて、
自分の立ち位置を確保できる事だと思っています。

その為には、しなやかで強い腹筋を鍛えておく事です。

たかなが整体院
〒360-0045 埼玉県熊谷市宮前町1-96-1
TEL:048-598-7670
○たかなが整体院ホームページ
○ご予約・お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする